妊活サプリ 楽天,妊活サプリ 通販

妊活サプリなら通販サイト楽天の「山茱萸(サンシュユ)の想い」!!

妊活サプリは、葉酸だけが配合されている物と、葉酸に加えて複数の栄養素が配合されている物があります。ここでは、今、妊活に人気の「山茱萸(サンシュユ)の想い」をご紹介します。

妊活に良いと言われる「山茱萸(サンシュユ)」とは?

山茱萸(サンシュユ)

妊活サプリ

サンシュユ(山茱萸)は、別名ハルコガネバナア、キサンゴ、ヤマグミ等とも呼ばれており、日本全土、中国、朝鮮半島に生息しています。高さはおよそ4~5m程になる落葉小高木です。秋になると、グミによく似た赤い実を付けるのですが、この赤くなった実は食べる事ができます。そして、このサンシュユ(山茱萸)の赤い実を乾燥させた物は生薬になっています。

どんな味がするの?

サンシュユ(山茱萸)の実は、一般的に渋みや酸味が強い為、生食には適さないと言われているのです。実際、完全に熟す前の実はやはり渋みと酸味が強いので、食べる事はお勧めできません。しかし、完全に熟した実であれば、渋みを殆ど感じず少しの酸味で、甘酸っぱく美味しく食べる事ができます。

滋養強壮の生薬「山茱萸(サンシュユ)」

山茱萸(サンシュユ)は、冒頭でもお伝えしていますが中国原産の落葉小高木であり、日本でも庭木として人気のある身近な木です。秋になると真っ赤なグミのような実をつけますが、この実から種を取り除いて弱火で熱し、それを日干しした物がよく漢方で使用されている山茱萸になります。
この山茱萸をお酒につけ込んだ「山茱萸酒」は、日本では滋養強壮、強精作用のある薬酒として有名ですよね。また、「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」と言って、疲労、倦怠感等が著しい時に服用される生薬にも山茱萸が使用されていたり、糖尿病、免疫力低下の患者さんに対しても山茱萸エキスは効果的であったり、健康維持に良い作用をもたらす物として重宝されています。

妊活サプリ

山茱萸(サンシュユ)の効果・効能

漢方としての山茱萸(サンシュユ)は、頻尿、夜尿改善、下痢止め、汗や出血を止める効能、視力アップ等の効果・効能があると言われています。このような効果・効能を期待する事ができる要因には、肝臓や腎臓に山茱萸(サンシュユ)が良い方向に働く作用があるからです。
山茱萸(サンシュユ)は、中医学では「腎を補い、肝を温め、精を固め、気を秘す」とされており、腎臓や肝臓の機能を強くし高める事で、体内に存在する水液を正常な状態のまま維持する事ができるとされています。また、血圧降下作用にも良い影響を与える為、目の疾患に対しても効果的であると言われており、緑内障目、かすみ目、視力低下の改善等も期待する事ができます。この他にも、めまい、耳なり、難聴等の改善にも効果があるとされており、山茱萸(サンシュユ)は様々な健康改善をサポートする優秀な栄養素となっています。

山茱萸(サンシュユ)の有効成分

主な山茱萸(サンシュユ)の薬効には、滋養強壮、寝汗、頻尿の改善が挙げられますが、精力増強、脚気の改善にも用いられる事もあります。しかし、山茱萸(サンシュユ)単品で使用されるケースはほぼ無く、生薬として「牛車腎気丸」「八味地黄丸」「六味地黄丸」等の漢方薬に使用されています。
山茱萸(サンシュユ)の目に対する効果・効能として、牛車腎気丸はかすみ目、八味地黄丸は白内障や視力回復等が期待できると言われており処方されます。その他にも、下肢の痛み、腰痛、痺れ、痒み、浮腫み、食欲不振、腎性高血圧、前立腺肥大、萎縮腎等を改善する効果もあり、健康を維持したり改善したりする為に有効的な成分となっています。このように、様々な効果・効能を発揮してくれる事から、山茱萸(サンシュユ)には腎臓機能を強化する働きがあると言われています。

妊活サプリ 楽天,妊活サプリ 通販

妊活に良いと言われている「葉酸」とは?

葉酸

ブロッコリー

葉酸は、栄養成分であるビタミンBの一種で、細胞の増殖・発育に必要なDNA合成をサポートしてくれる働きを持っています。食材で言えば、ほうれん草、ブロッコリー、レバー等に多く含まれる栄養素になります。しかし、葉酸と言うのは加熱される事によって、大事な栄養素が失われやすかったり、水溶性なので水に溶けやすかったり、排尿によって栄養素が排出されやすかったりする為、中々普段の食事生活で十分なビタミンBを摂取する事は難しいと言われています。

葉酸摂取が妊活に必要な理由

妊活に葉酸が必要な理由の一つは、厚生労働省が葉酸を摂取する事をこれから妊娠を考えている女性に向けて推奨している事にあります。何故推奨しているのかと言うと、実は、葉酸の成分と言うのは、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉塞障害のリスクを減らす事ができると言う事が分かっているからです。
神経管閉塞障害は、妊娠初期の時期に人間の脳や脊髄を作る神経管の形成が正常に行われない事によって引き起こる障害です。脊髄に異常が生じる事によって運動機能障害を招いたり、脳形成されない無脳症を招いたり、様々な病気を引き起こすと言われています。中でも、日本では神経管閉塞障害の一つとされている二分脊椎症が引き起こりやすく、年々増加傾向にある為その予防対策の必要性を高くうたっています。
このように、葉酸を摂取する事は、これら引き起こるかも知れない神経管閉塞障害の予防に加えて、先天性形態異常のリスクを減らす効果があるものとして、重要な栄養素となっています。

厚生労働省が推奨している摂取量の目安

厚生労働省が推奨している摂取量では、少なくとも妊娠3ヶ月前~妊娠3ヶ月までの間は食事の他にサプリメントで不足している葉酸を補う事を勧めています。一般的に女性の妊娠が判明する時期と言うのは、大体妊娠4週目以降が多いです。特に意識して普段の生活から葉酸を摂取していない場合、妊娠4~5週を過ぎてから自身の体内葉酸濃度が低かったと言う状況が起きてきます。なので、葉酸摂取については、女性が妊娠を希望した時から数か月は日常生活で葉酸400㎍を摂取する事を心がける事が最適とされています。

妊活サプリ

妊活を優しくサポートしてくれる「山茱萸(サンシュユ)の想い」とは?

妊活サプリ

「山茱萸(サンシュユ)の想い」は、妊活している人にとって大事な栄養素がふんだんに凝縮された妊活サプリメントです。山茱萸(サンシュユ)の栄養成分を濃厚に生のままで抽出されたサプリメントで、その栄養素をしっかり体内に吸収させる為に10年熟成させた松生酢が配合されているので、しっかり体内に栄養が行き渡るようになっています。また、その他にも葉酸ビタミンEが配合されており、それらの栄養素も加わったスペシャル妊活サプリメントとして多くの妊活者から人気のあるサプリとなっています。

妊活には葉酸だけでは栄養が足りない

妊活サプリでは、葉酸ばかり注目されがちなのですが、実は葉酸だけでは妊娠しやすい健康的な身体になるには不十分である事を知っていましたか?栄養素と言うのは、互いの栄養素が助け合って体に作用するものなので、どれか一つの栄養素を過度に多く摂取すれば良い訳ではありません。
実際に、妊活にはっきりと「これを摂取すれば絶対に妊娠する事ができる!」と言う栄養素は存在しません。しかし、妊活には妊娠前後に女性の体で不足してくる栄養素を補っていく事が、妊娠に向けての健康な体作りに繋がっていきます。なので、バランスよく必要な栄養素を摂取していく事が大切になります。「山茱萸(サンシュユ)の想い」は、山茱萸(サンシュユ)葉酸ビタミンE等、豊富な栄養素が詰まった妊活サプリメントになっており、栄養素たっぷりのサプリメントが特徴です。妊活サプリを選ぶ際には、葉酸だけでなく複数種類の栄養素が入っているサプリメントを選ぶ事が妊活者や妊娠者にとってお勧めなのですが、それが叶った妊活サプリなのです。

基礎体温アップを促す効果

妊活時と言うのは、基本的に体を冷やさないように気を付ける事も大切です。その理由は、体が冷えてしまうと体の血の巡りが悪くなってしまい、折角体の為を思って摂取した栄養素が体全体に行き渡らないと言う事が起こってきます。それに、女性の体が冷えると卵胞の発育も悪くなる為、子宮内膜がふかふかな状態になりにくくなります。その結果、子宮内膜に受精卵が着床する確率が下がると言われています。「山茱萸(サンシュユ)の想い」は、妊活時の十分な葉酸摂取に加えて、山茱萸(サンシュユ)の有効成分効果で体内の冷えについても効果的に作用するので、妊活にとって嬉しい栄養成分が豊富に詰まったサプリメントになっています。


妊活サプリ 楽天,妊活サプリ 通販サンシュユの想いを楽天通販サイトで見てみる